スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~

ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~
ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~
なーんでーもでーきちゃうバッド
エスカリボールグー!


撲殺天使ドクロちゃんのOPが頭から離れません・・・!!!
どうしたら!
どうしたら!!!

いや、ホントにあのアニメはエロくてグロくてヲタク向けだ。



ちょっとこれからアホなことを書き始めます。
samurai7パラレルで撲殺天使ドクロちゃんパクってます。




web拍手 by FC2
撲殺天使ヘイさん




太陽はすっかり沈み、月が天頂へと昇った頃、勘兵衛と七郎次はやっと隊務から開放された。
それぞれの寝所への廊下の曲がり角に着いたとき七郎次は恐る恐る勘兵衛に声をかけた。

「あの・・・・・・勘兵衛様・・・・・・」

「なんだ七郎次」

「もしも・・・・・・もしも明日の作戦で不安なところがあったら・・・・・・
お伺いに行っても構いませんか・・・・・・? 」



「・・・・・・あぁ。待っている」

「っ!ありがとうございます!! 」


笑顔で勘兵衛と別れた後、自室にようやく帰り着いた。


「ただいまー・・・・・・ってうわああっ! 」

「あ・・・・・・きゃあっ!!! 」

そこには生着替え中の平八がいた。


「・・・・・・っあ!!!!
な、なにがきゃあだっ!!!!お前も俺も男だっ!!! 」

こいつは林田平八という。
撲殺天使という未来から来た天使らしい。
今はこの軍の工兵として任務についているが
なぜ過去に来たのか
なぜ俺に迷惑をかけるのか
なぜ俺だったのか・・・・・・・・


そこら辺はまだ不明だ。

「それよりっ!!
私を放ってこんな時間まで何してたんですかぁっ?! 」

いつもはニコニコと笑っている目が今は開眼している。
相当怒っているようだが、ここは俺の部屋だ。

「それよりじゃないっ!!なんでお前がここにいるんだ!!
ちゃんと自分の部屋があるだろうっ!! 」

「そんな・・・待ってたのに・・・・・
し・・・・・・七さん・・・・・・
ひどいっ!!ひどいよおおおおおお!!! 」

そう叫ぶと、どこから出したのかテルテル坊主が巨大になったようなバッドを一振りした。

「あっ、や、やめ・・・やめて!平八!!ヘイさん!!!

いやあああああああっ!!!!!
撲殺しないでええええええ!!!!!! 」


どぶぐしゅっ


俺は哀願の甲斐もなく、首と胴がおさらばしてしまった。
俺の部屋は俺の胴からあふれ出るおびただしい血液で赤く染まり、鉄の異様な臭気が満ちていた。
といっても、俺は死んでるから分からないが。


「ああっ!!!
またやっちゃった~・・・・・・
でも大丈夫!! すぐに元に戻しますからね!! 

エスカリテルテル~!!! 」

平八はテルテル坊主を天に向けたかろ思うと、フワフワと踊りながら奇妙な言葉を独特なリズムに乗せて口ずさんだ。

「ここめこめこめこめこめ~」


キュルキュルキュルルッ

途端に俺の首と胴は徳光さんも号泣モンの感動の再開を果たし、部屋に満たされつつあった俺の血液も体内に戻ってきた。
洋服や部屋までも、撲殺される前の状態に戻った。




「・・・・・・平八。そこに正座(ビキビキ」
「・・・・・・・・・・・・はい」

いつものことだが、元に戻るとは言え・・・・・・
痛いモンは痛いんだっ!!!!!

今日こそ、今日こそこいつにしっかりと躾けなければ・・・・・・



「撲殺禁止いいいいっ!!!!!! 」

「え~~~~~っ!!!!!????? 」



つづかない

---------------------
うん。なんと罵られても構わない。
ただ「ここめこめこめこめこめ~」を書きたかった。
それだけなんだ。
まだ少しネタは残ってるけど、これ以上シチさんのキャラが崩壊していくのが嫌だった・・・
シチさんは若い頃は俺とか言っててほしいけどね!!
今は反省している。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

鞠

Author:鞠
都内で医療従事者として働きつつ、コスプレを楽しんでます。
更新頻度はあまり高い方ではなく、Twitterとかのほうがエンカウント率は高いです。

ついったー

Reload

最近のコメント
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。